Mookie Sato

MOOKIE SATO

MIDCENTURY・TIKICULTURE のスタイルを最も得意とし、
アメリカをはじめフランス・スペイン・オーストラリアその他、世界各国でアートワークを手掛けている。

10 代の頃からVINTAGE バイヤーとしてアメリカに拠点を置く。その後得意とする絵に磨きをかけるため、帰国し某ゲームプロジェクトに参加。
ハイテク技術とローテクな感性を合わせもち、2000 年よりフリーとして活動を始める。

2007 年より、海外での活動に力を入れ、ポリネシアンポップカルチャー, クラシックブルース界での活動をスタートする。
現在は、LA、マイアミ、フランス、スウェーデンその他様々な国でアートショーに参加。
またラジオでもクラシックブルース・アーティスト特集にて紹介され、
コレクターズブックやレコードレーベルまた、ミュージアムにもアートワークを提供している。
音楽の面でもスウィートホリワイアンズと共に活動し、Hollywood ブルースドキュメンタリー映画に細野晴臣と出演。
ロバートクラムやテリーツワイゴフをはじめ多くの海外アーティストと共演。

2010 年6月には、ディズニーやピンクパンサーで有名なSHAG(LA)や
タトゥ, ローブロウアーティストのMitchell O’ Connell(CHICAGO)らとアートショーも行いメインポスターを制作担当。

2010 年9月マイアミMai-Kai にて開催された、ポリネシアンアートコンペティションにてファイナル進出。
年末のファイナルステージではグランプリを獲得。

2011 年 オーストラリア、ケアンズで開催される” ケアンズウクレレフェスティバル” のイメージポスター並びグッズ制作担当。
フランス、レッドバーンレコードより、ムーキーアートカレンダーを制作。
6月マイアミにてフキラウアートショー10 周年記念参加決定。オフィシャルグッズコラボ。
6 月-7 月、東京都にて国内初個展。

2012 年~
Shug, Dawn Frasier らとフォーリンココス社(LA) より限定シェードランプリリース

KOHICHI

コウイチ

シンプルでスウィンギーな古いスタイルの演奏を得意とするベーシスト。

1994年頃よりアップライトベースを始め、1997年頃ジャズベーシスト上山崎 初美氏に師事。
スウィングジャズ/ラグタイム/ハワイアン/マヌーシュスウィングなど戦前の音楽をこよなく愛し、
よりシンプルでスウィングする古いスタイルの演奏を得意とする。

参加バンドは、Sweet Hollywaiians / Spirit of Gypsy / AFNICA / Drag on Jazz Band
サポートとして マキ凛花 / accovio

国内はもとより海外でも活動し、2005年頃から北米やヨーロッパなどで毎年ツアーを行い、
Bob Brozman、Bill Tapia、Janet Klein、Tom Marrion、Tony Marcus、Dominique Cravicなどと共演。

2006年に"Spirit of Gypsy"で、ノルウェーのレコードレーベル"Hot Club Records"より東洋人として初のCDリリース

2009年に"The Cheap Suit Serenaders"の公演にゲストとして参加、
デンバーウクレレフェスティバルで"James Hill"、"Victoria Vox"と共演。
世界最長齢のウクレレミュージシャン"Bill Tapia"氏の日本公演に参加。
ツアーのライブCD「ヤング・アット・ハート~ビル・タピア・ジャパン・ライブ」(ビクターエンターテイメント)にも参加。

2010年、"SHAG"、"Mookie Sato"と共にフロリダ州マイアミで開催される、
アメリカ東部最大のTIKIイベントHukilau 2010にメインアクトとして参加。

同年、カナダで開催される観客動員数180万人を越える北米最大の夏フェス「ケベック・シティー・サマーフェスティバル」に出演。
同フェスのコンピレーションCDに楽曲を提供。
同年、アメリカ・オースティンで行われる北米最大級のショウケース型イベント"SXSW"に出演。

2011年には、サザンオールスターズのベーシストである関口和之氏プロデュースのフェスティバル
「ウクレレピクニック・イン・ハワイ 2011」に出演。
同フェスで"Bill Tapia"氏と再演。

同年、オーストラリアのケアンズで開催される「ケアンズ・ウクレレフェスティバル2011」に
"Daniel Ho"、"Victoria Vox"、"Taimane Gardner"らと共にメインアクトとして出演。

その他、数多くの海外のミュージシャンとの録音、共演、ワールドツアー、映画出演など、世界規模で活動している。

また、自身の海外での音楽活動の中で、世界中の様々な芸術と出会い、眼と耳と肌で感じ、 その経験をより良い物作りに生かす為、Mooche.スタッフとしての活動を開始する。